2005_1129_030938.jpg
このデジカメははっきり言っていい思い出がありません。というより、デジカメと僕は相性が余りよくないかもしれないです。
今回、このデジカメは写真の通りの状態で動かなくなりました。もう修理には出しません。


デジカメにいい思い出がないってのはどういうことかといいますと、僕とデジカメの歴史で振り返ってみたいと思います。
初めて買ったデジカメ君はオーストラリアで盗難にあいまして帰らぬ人となりました。
急遽日本から2号機を送ってもらって使い始めたのですがタスマニアで牡蠣を取っているときに誤って水没。日本へ強制送還されましたがやはり帰らぬ人となりました。
再度3号機(2号機と同機種)を日本から送ってもらいました。それ以降なかなか好調に働いてくれておりましたが、なんとアジア旅行中、それもアンコールワットの観光中にピタリと動かなくなってしまいました。
そこからはフィルムカメラでやり過ごしましたが未だに残念でなりません。
帰国後修理に出しまして復帰ニュージーに連れて行きましたが今度はピントが画面にノイズが入りまくる故障です。最終的には白黒カメラになりました。
帰国後再修理、今までがんばっていましたが今度はレンズが飛び出したまま動かなくなってしまいました。3号機もこれでお役ごめんということにいたしました。
今となってはちょっとしたスナップ写真はケータイで撮れるしそれ以上の写真は3号機では撮れないので、いづれはデジ一眼をと考えております。(誕生日あたり目標!)
そうなったら写真のこといろいろ勉強して大人な趣味のひとつに出来たらいいなと思います。

カテゴリー: 独り言・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事