2002年11月のアーカイブ

おそるべしベトナム人!

昨日、ビエンチャンに到着しました。ハノイからビエンチャンまで23時間バスの旅です。

それもビックリのハード越境となりました。

ハノイからヴィンという町までの約5時間はバス自体はまあ普通のもので調子よくぐっすり眠りこけてました。

そこからが大変バスを乗り換えるというのでバスをおろされて雨の中待っていると乗り換えのバスが来ました。

でもそのバスは8割がた乗っていて僕らが全員乗るのは無理でしょうという状態。

彼らがいうには2台で行くつもりが1台が調子が悪くなったのでこれで我慢してくれ、今乗っているベトナム人はラクサオで降りるからそこからは座れるなどといっている。

しょうがないので乗り込んだ、座れない人は真ん中の通路に背もたれも無いちっちゃい椅子に座らされた。

こんなんで眠れるわけが無い、結局ラクサオでも誰も降りず次の日の夕方6時にビエンチャンに着くまでその椅子に座り続けた。

おそるべしベトナム人最後の最後で嘘をつかれまくった。


コメントする

少数民族のマーケットでは

今日までの3泊4日でベトナム北部の山岳少数民族の村などを見てきました。

最初に行ったのはサパという町、ここは中国の国境も近い標高1500メートル以上の高い場所にあって実に寒かったです。

町自体は霧に包まれていて幻想的な雰囲気、山の斜面にはその霧の間から棚田が見えてそれが芸術的に美しい町だった。

そこに多くすむモン族の女性は商魂逞しくツーリストに手作り民芸品を売り歩いた。

このモン族の民族衣装が藍染めの生地に細かい刺繍がしてあってとても可愛い。

続きを読む »

コメントする

ハノイ

今はベトナムのハノイにいます。昨日、今日の2日間世界遺産のハロン湾にいってきました。

ここはベトナムきっての景勝地で湾内に大小あわせて2000以上の島々が折り重なり見事な景観を作り出しています。別名海の桂林と呼ばれているのも伊達ではないです。

オーストラリア以来の久しぶりの世界自然遺産なのでなんだかちょっとうれしかったです。

ハノイの町は天気がよくなくて寒いです。少し体調を崩してくしゃみがとまりません。

でも、この町の食べ物はおいしいので食いまくりで直します。

とくにワンタン麺、こいつがおいしい、毎日食ってます。5000ドン(40円)最高です。

帰国予定日が決まりました。

といってもチケットの予約はまだなので帰国希望日とでもいいましょうか。

順調に行けばバンコク発の成田行きで12月の7日に帰国となりそうです。

長い旅もいよいよ最終段階なので気合いを入れて楽しんできます。

それでは、また!


コメントする

フエ

今日、ベトナム中部の町、フエに着きました。フエは日本でいう京都のように昔、ここに王朝があったという由緒正しきところです。

さっき、王宮へ行ってきましたが、古く大きな城壁に囲まれて当時の様子を想像してみると何だか楽しくなります。が、とにかく暑い!くそ暑い!へばってしまいます。

さらに贅沢ものの言い草ですがやっぱりアンコールワットを見てすぐなので感動はどうしても薄らいでしまいます。ごめんなさい。

お金がもう300ドルと2万円しかなくなってしまいました。

帰りのチケットもないのに日本にたどり着けるのか少し不安な今日このごろです。

そうそうメコンのデルタ地帯は楽しかったですよー
あらゆる物が水上で流通しています。野菜、鳥、ブタ、何でもありです。

そして必ず手を振ってくる子供たち、楽しかったです。


コメントする

サイゴン

サイゴンにいます。本当はホーチミンシティと言う名前なんですがこの国の人たちは昔のままサイゴンと呼んでいます。

昨日今日で主だったところを周ってきました。

戦争証跡博物館はベトナム戦争についてのことを知らせてくれるところでこういうのはやっぱり落ち込んでしまいます。

枯れ葉剤関係はやっぱりひどいですね。日本でも有名なベトちゃんとドクちゃんについても触れられておりました。ベトちゃんは学校に通えるまでに回復したそうですが、ドクちゃんは今だに寝たきり生活だそうです。

子供4人を戦争で殺されて戦争が終わって生まれてきた子が奇形児だった人がアメリカに賠償して欲しいと切に願う人の話なんかはちょっと来てしまいました。

さすがベトナムにあるだけあって、アメリカがいかにひどい事をしたのか、という事を事細かに説明しているようで、一方的ではありましたが・・・
クチトンネルにも行ってきました。そこは北ベトナムがサイゴン攻略時に使ったトンネルで200キロ以上に複雑に伸びていて作戦本部や宿舎、何でもあって何万人も住んでいたというところ。

実際に中を歩いてきましたが細い穴がくねくねと続いていてこれは何だか楽しかった。

ご飯は美味しいですよ。

よるご飯にいつも行くところは5000ドン(40円)生春巻きは一個1000ドン(8円)とかです。

安くて上手くてここは非常に居心地が良いです。

ネットカフェは1時間6000ドン(48円)とかです。

そんな感じです。


コメントする

カンボジア

今僕はカンボジアの首都、プノンペンにいます。そうです、今アセアンと3サミットが開かれている場所です。

今さっきなんですが、街を散歩していたら白バイが先導する黒塗りのクラウンやらがやってきてもしやと思って中を見ると小泉首相が!
それもすぐ近くのお寺で降りて中に入っていっちゃいました。おースゲーとかいいながら、外から覗いていたら用事が済んだようで出てきました。

一緒にいた友達と2人で小泉さーん!と声をかけたら、気がついて手を振ってくれました。

がんばってくださーい!っていったらにこっと笑って車に乗り込み、乗り込んだ後も僕らの方を覗き込みながら手を振ってくれました。

こんな偶然ってあるんですねー。野次馬の日本人は僕らだけだったので手を振ってくれたのを独占したようでなんだかうれしかったです。

話し変わりまして、最近ホームページが見れなくなっていたということですが、そうです、料金未払いで止められておりました。

よって、メール受信もできず、さらにこの日記も書くことができなかった次第です。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

タイからの国境超えは、超ハードなものでした。

タイから国境まではエアコン付きのハイエースに乗っていき、そこまでは良かったのですが、国境を越えてカンボジアに入ると途端に未舗装のでこぼこ道でそこをピックアップトラックの荷台に乗って行くというものでした。

最初は風が気持ちよく、でこぼこ道が遊園地の乗り物みたいで楽しかったんですが、7時間ぐらい乗っているとさすがにしがみついている腕がしびれるし、お尻は痛いしで体力的につらかった。

さらに途中、雨で道が寸断されたところを無理矢理走って沼地から動かなくなったりとかして、車を泥だらけになって押したりしてというなんともカンボジアらしい(?)事を満喫しました。

アンコールワット、さすがでした。

僕は有名所を一気に回って来たんですが、すごかったですねー。

行く価値あります。お勧めです。

宿もきれいで一人一泊2.5USドルぐらいでしたよ。

アンコールワットのあるシェムリアップという町から、プノンペンまでは船で移動しました。

そして昨日、ポルポトが大量虐殺した現場、キリングフィールドと、ポルポト時代刑務所として使っていた、博物館へ行ってきました。

狂気の沙汰としか思えない地獄絵図のような光景を絵や写真、実物の拷問道具とかで説明していました。

それがつい最近、僕がとっくに生まれている時代なのだから何と言葉にしてよいものやらとがっくり心が沈んでしまいました。

歴史の証拠を見て歩いているわけですが、楽しいばかりじゃないなと思いました。

そして、それでも明るいこの国の人たちは尊敬に値します。

明日、ベトナムのサイゴン(ホーチミンシティ)に移動します。


コメントする

1
eternalheart.com

子供の写真